コラム

当たるか当たらないかではなく、 一つのデータとして活用する。

 

不確実な時代に占いと付き合う。
「AERA」、なかなか面白いです!

当たるか当たらないかではなく、
一つのデータとして活用する。

天下のSBIホールディングス代表の
北尾吉孝さんも運気やデータとして
参考にしたり念頭においているという。

膨大なデータの積み重ねと検証結果って、
ホントにスゴイなと実感しています。

データをどう検証し、読み取り、
どんな形でアウトプットするか。

占いとAIって、似てるところありますね。

━━━━━━━━━━━━━━

追伸:

人とコミュニケーションに課題や壁を感じる方、
自分の人生の運気や流れが気になる方など…

ISD個性心理学に興味関心を示す方が
改めて増えてきています。

みなさんの周りで困っている方や悩んでいる方、
沢山いると思います。

日常の悲劇を喜劇に変る統計学のロジック。

あなたもぜひ、一緒に学び、
多くの方に伝承してください!

isd2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

isd1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。